遊戯王のデッキレシピ紹介ブログ。基本的にコンボ重視のレシピのため、大会レベルのレシピなどは記載しませぬゆえ、ごちゅーいを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
デッキ名は漫画版の技名から。タイトル浮かばなかった…

40枚
[モンスター] 16枚
機皇兵グランエル・アイン1
ジャンク・サーバント1
ライトロード・ビースト ウォルフ2
ジャンク・シンクロン3
TG ワーウルフ3
TG ストライカー1
名工 虎鉄2
ヴァイロン・スフィア2
レベル・スティーラー1

[魔法] 17枚
大嵐1
死者蘇生1
増援1
貪欲な壺1
ワン・フォー・ワン1
死者転生2
ソーラー・エクスチェンジ2
月の書1
炎舞ー「天璣」3
アームド・チェンジャー2
ブレイク・ドロー2

[罠] 7枚
激流葬2
カオス・インフィニティ3
リビングデッドの呼び声2

[必須エクストラ]
カオス・ゴッデス-混沌の女神-
ヴァイロン・エプシロン
機械竜パワー・ツール3
ジャンク・ガードナー
獣神ヴァルカン
TG ワンダー・マジシャン
フォーミュラ・シンクロン
☆6 シンクロモンスター
☆5 シンクロモンスター

プレミアムパック15で収録された機械竜パワー・ツールを使いたいためだけに組まれたデッキです。
なんか知らんがカオス女王様まで出る構築になった。

ギミックの説明です。
機械竜パワーツールのドロー効果を上手く使いたいなあと、今回採用するのがこちら。

《ヴァイロン・スフィア/Vylon Sphere》
チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/機械族/攻 400/守 400
このカードがモンスターカードゾーン上から墓地へ送られた場合、
500ライフポイントを払う事で、このカードを装備カード扱いとして
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体に装備する。
また、装備カード扱いとして装備されているこのカードを墓地へ送る事で、
自分の墓地から装備魔法カード1枚を選択してこのカードの装備モンスターに装備する。
(遊戯王カードwikiより転載)

ヴァイロン・スフィアをシンクロ召喚に絡めることで、手札から装備魔法を装備するのではなく墓地から装備する形に変更しました。まあ一応ハンドアド意識ってことで。
ヴァイロンスフィアを絡めてパワーツールを出す方法は主に下の二種類。

1.ジャンクシンクロン+TGワーウルフ
→ジャンクシンクロンを召喚し、スフィアをサルベージするのに反応してTGワーウルフを展開。
この場合、☆6のシンクロモンスターを展開しなくてはなりませんが、装備魔法が戦闘破壊トリガーのカードばかりなのでジャンクガードナーで表示形式を変更したり、獣神ヴァルカンで使用済みのリビデ、天璣を回収したり。

2. 名工虎鉄+カオス・インフィニティ
→地味に天璣に対応している虎鉄を使います。
虎鉄をセット→カオスインフィニティでグランエルアインまで展開し(途中で装備魔法サーチ)、蘇生カードなどでスフィアを釣り上げて。
前のターンにセットしてあった虎鉄を反転し、同じ展開をした後にスフィアを通常召喚してもOK。

もちろん、単純に出したいならジャンクシンクロン+サーバントとかでも全然構わないです。臨時要因みたいなもんだし。

また、機械竜はパワー・ツール・ドラゴンと異なり闇属性なので、そこも少し絡めました。

《カオス・ゴッデス-混沌の女神
-/Chaos Goddess》
シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2500/守1800
光属性チューナー+チューナー以外の闇属性モンスター2体以上
1ターンに1度、手札から光属性モンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはシンクロ素材にできない。

カオス女王様です。構築段階で出るようになっちゃった。
とはいえ、出しにくい部類のシンクロモンスターなので出し方は限られます。
一例をば。

・ヴァイロンスフィア+パワーツール+レベルスティーラー
・フォーミュラ・シンクロン+TGワーウルフ×2
・TG ワンダーマジシャン+TG ワーウルフ+レベルスティーラー

ヴァイロンスフィアかワンダーマジシャンのやり方が一番やりやすいかもしれません。
カオスゴッデスのコストも、手札で腐ったヴァイロンスフィア、天璣でサーチ可能なウォルフなどを処理できるため無駄がなく、パワーツールを蘇生できるほか、カタストルなんかも蘇生出来ると美味しい。ダーク・エンド・ドラゴンなんかもいいかと思います。

装備カードについて。
今回はパワー・ツール・ドラゴンを採用せず、名工虎鉄でサーチするかソーラー・エクスチェンジで直接墓地に落としてしまいます。
虎鉄は天璣との兼ね合い(また、天璣はソラエクのコストになるウォルフや展開に重要なワーウルフをサーチできます)だし、ソラエクは手札交換+墓地肥やし要因。除外されたりされない限り、このデッキではスフィアを経由して装備魔法を使いまわして行くので、あえてパワーツールドラゴンは採用しないことにしました。
(ちなみに、光の援軍までいれてしまうとデッキが減りすぎるので個人的に採用しませんでした)

ブレイク・ドローはパワーツールと相性がいい代表格で、装備して1ドロー、破壊して1ドローとアドバンテージが稼ぎやすいです。
アームドチェンジャーはコストが思いですが、スフィアで装備するとコスト踏み倒しで装備でき、死者転生として働くために採用。使い回しが多いなあ。

あ、死者転生は手札からカード切りたいためだけに採用しました!(

基本的にはこんな感じです。
とにかくパワーツールでいっぱいドローできればOK。
ブレード・ガンナーとかも出ます。

『ユニオンは装備魔法扱いとなるが、ユニオンを装備した場合にドローできるかは裁定待ち。』
(遊戯王カードwikiより)

おおおい!
スポンサーサイト
2012.12.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuboshoko219.blog.fc2.com/tb.php/25-01ddab2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。