遊戯王のデッキレシピ紹介ブログ。基本的にコンボ重視のレシピのため、大会レベルのレシピなどは記載しませぬゆえ、ごちゅーいを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お久しぶりです。

正直どの面下げて記事書いてんだと言わんばかりのスパンです申し訳ありません。
素直に言うなら面dブログの存在を大分忘れてまして☆

オフ会でたまに「ブログ更新はやくしてくれ」というありがたいお言葉を頂いていたにも関わらずこの醜態です。申し訳ねえ。

というわけで久々のデッキレシピ投下だ!


42枚
[モンスター] 22枚
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン1
ブラック・マジシャン3
召喚僧サモンプリースト1
デーモン・イーター2
音響戦士サイザス3
沼地の魔神王1
音響戦士ピアーノ3
音響戦士ドラムス1
音響戦士ギータス3
音響戦士ベーシス1
EMトランプ・ウィッチ3

[魔法] 11枚
死者蘇生1
おろかな埋葬1
貪欲な壺1
ハーピィの羽箒1
テラ・フォーミング2
Fusion Substitute2
遠心分離フィールド3

[罠] 9枚
激流葬2
スキル・プリズナー2
竜魂の源泉2
永遠の魂3

[組み込みたいエクストラ]
呪符竜2〜3
蒼眼の銀龍
輝竜星ショウフク
ラヴァルバル・チェイン
プリンセス・コロン
ダイガスタ・エメラル

そんな訳で大久保が初めて考えたペンデュラムデッキですよ!(ペンデュラム召喚するとは言っていない)

今回のメインテーマというか、組みたいきっかけになったのがこいつ。

《遠心分離フィールド/Centrifugal Field》
フィールド魔法
融合モンスターがカードの効果で破壊され墓地へ送られた時、
その融合モンスターに記されている融合素材モンスター1体を
自分の墓地から選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。

とりあえずこれの特徴としては、

①フィールド魔法なので《テラ・フォーミング》でサーチできる。
②特殊召喚するモンスターは融合召喚に使用していなくてもよい。
③カードの効果の破壊にのみ対応する。
④チェーンブロックを作る強制効果である。
⑤《F・G・D》等のカード名が明記されていない融合素材モンスターに対応していない。
⑥フィールド上以外の破壊にも対応している。
(Wikiより抜粋)

があり、一番難しかったのは⑤のところです。
類似カードの《ブランチ》と比較した場合、

① サーチがし易いかしにくいか(ブランチも一応番犬-ウォッチドッグなどでサーチが効くが汎用性で遥かにテラフォが勝る)
② 蘇生先はブランチの方が優秀な場合が多く、パターンも組み込みやすい
③ タイミングを逃すor逃さない
④昨今の融合モンスターに元々の名称を指定しないモンスターが非常に少ないため、その点に関してはブランチの方が使いやすい

とまあ、正直五分五分です。
ただ僕の場合、自身のスタイル的にサーチの安定性が勝る遠心分離フィールドを今回使用している、ってだけです。ブランチはブランチでまた別の更なる可能性がある面白いデッキが組めそうだし。

さて。
そうなったとき、使用する融合モンスターについて悩みました。
結論から言うと、今回は《呪符竜》を使用しています。
正直《コアラッコアラ》と悩みました。そちらに関しては気になる方がいましたら、コメントに書いていただくなりTwitterの方にリプライを頂ければ幸いです。

では、何故呪符竜にしたのか。
一番はアドバンテージの問題で、

《呪符竜/Amulet Dragon》 †
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2900/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚
または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分・相手の墓地の魔法カードを任意の数だけ対象として発動する。
そのカードを除外し、このカードの攻撃力はその除外したカードの数×100アップする。
(2):このカードが破壊された場合、
自分の墓地の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
その魔法使い族モンスターを特殊召喚する。

この(2)の効果。
これと遠心分離フィールドを組み合わせれば、このデッキならば例えばデーモンイーターかなんかで呪符竜を破壊すれば、ブラック・マジシャンが2体枠ことも出来ます。

呪符竜の蘇生効果を組み合わせればなんかたくさん出て来そうだなあと思ったのが正直なところです。

(ちなみに類似効果を持つ有翼幻獣キマイラも考えましたが、その後がマジで浮かびませんでした)


次に、何故音響戦士を採用したのか。
一番はギータスの存在。

《音響戦士ギータス》 †
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1500/守 100
【Pスケール:青7/赤7】
「音響戦士ギータス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

何度見ても強過ぎるよなあ…
そして相棒になりうるEMトランプ・ウィッチ。

《EMトランプ・ウィッチ》 †
ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 100/守 100
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードをリリースして発動できる。
自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。

この2枚でスケールをセッティングしてあげて、更に、

《永遠の魂》 †
永続罠
「永遠の魂」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。
●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

があれば、
1. 永遠の魂で毎ターンブラック・マジシャンを蘇生出来る
2. ギータスでピアーノ(種族変換可能)が供給出来る
3. トランプウィッチで毎ターン融合

と出来、除去さえされなきゃ毎回呪符竜作れるよって寸法ですよね。
ちなみに仮に永遠の魂が除去されたとしても、呪符竜が破壊されたら魔法使い蘇生出来るし、遠心分離フィールドがあればなお蘇生出来るからデメリットもデッキとシナジーしていたり。

デッキをまだ試運転すらしてないので保険で、

《Fusion Substitute》 †
日本語訳
通常魔法
このカードのカード名はルール上「融合」として扱う。
(1):自分フィールドから融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのカードをエクストラデッキに戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

海外新規ですが、これも採用しています。呪符竜切れたらやばいし。


あと解説するとしたら、呪符竜の除去手段。
ひとつは、上でも触れた永遠の魂。
次にデーモンイーター。エンドフェイズまで呪符竜が生き残り、墓地にブラマジが2枚あればイーター+遠心分離の展開力でブラマジ×2+イーターの完成です。

あとはショウフク。
幻竜族は竜魂の源泉で蘇生するか、ピアーノの効果でサイザスあたりを幻竜魂にして作ります。
呪符竜破壊して蘇生して呪符+遠心分離で蘇生とか色々出来そうで楽しみですね(未使用感)。


特筆すべきというか、最低限のデッキ解説はこんなところでしょうか。
正直音響戦士部分は友人と大分被ったのですが鉄の意志があれば何とかなるとは思っているしそんなこといちいち言ってるとデッキ組めないので…

あと今更ですが制限は2015/01/01からのものを採用しています。

大嵐返してえ。
スポンサーサイト
2014.12.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。