遊戯王のデッキレシピ紹介ブログ。基本的にコンボ重視のレシピのため、大会レベルのレシピなどは記載しませぬゆえ、ごちゅーいを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本未発売のカード使ったのもひさびさ。

40枚
[モンスター] 24枚
Theアトモスフィア2
シー・ランサー3
グリズリーマザー3
水の精霊アクエリア2
Mermail Abyssmander3
水精鱗ーアビスリンデ3
水精鱗ーアビスディーネ3
フィッシュボーグーアーチャー1
クリッター1
エア・サーキュレーター3

[魔法] 8枚
大嵐1
死者蘇生1
貪欲な壺1
おろかな埋葬1
サルベージ2
炎舞ー「天枢」2

[罠] 8枚
激流葬2
アビスフィアー2
幻獣の角2
リビングデッドの呼び声2

[必須エクストラ]
バハムート・シャーク2
恐牙狼ダイヤウルフ
水精鱗ーアビストリーテ
ブラック・レイ・ランサー
虚空海竜リヴァイエール
☆7 シンクロモンスター
☆6 シンクロモンスター
★5 エクシーズモンスター
★4 エクシーズモンスター
★3 エクシーズモンスター(バハムート・シャーク対応)

よく動画で見る【ガエルランサー】に影響され、ガエルを使わずにシーランサーを使おうと考えた結果出来上がったデッキ。
シーランサーに良相性な除外効果、装備後も効果を発動するカード群を混ぜました。

ギミックの説明です。
まず、シーランサーのテキストの確認を。(wikiより転載)

《シー・ランサー/Sea Lancer》
効果モンスター
星5/水属性/獣戦士族/攻1300/守1000
ゲームから除外されている自分の魚族・海竜族・水族モンスターを任意の数だけ選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
この効果はこのカードがフィールド上に
表側表示で存在する限り1度しか使用できない。
この効果でモンスターを装備している場合、
このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。
また、フィールド上のこのカードが破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスター1枚を破壊できる。

一番着目すべき点は「フィールド上のこのカードが破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスター1枚を破壊できる。」という点で、あくまで装備状態のカードを剥がす時は「破壊」され墓地へ行きます。

そのため、その時でも効果を発動するカードと相性がいい。

・水精鱗ーアビスリンデ
水精鱗お馴染みの必須カードで、アビスフィアーならの破壊はもちろん、シーランサーから剥がれた後でも問題無く効果が使えます。

・エア・サーキュレーター
除外手段が少し難しいですが、タイミングを逃すこと無くドロー出来るのは強力。

・水精鱗ーアビストリーテ
エクシーズモンスターですが、バハムート・シャークによるリクルートが容易であり、蘇生効果も優秀。

また、直接破壊とは関係ありませんが、こちらも良相性。

《-/Mermail Abyssmander》
Effect
LV4/WATER/Fish/ATK 100/DEF2000
日本語訳
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻 100/守2000
墓地のこのカードをゲームから除外し、
以下の効果から1つ選択して発動できる。
●自分フィールド上の全ての「水精鱗」と名のついた
モンスターのレベルを1つ上げる。
●自分フィールド上の全ての「水精鱗」と名のついた
モンスターのレベルを2つ上げる。

能動的に除外出来るモンスターを探していた時に発見しました。
アビスディーネとアビスリンデなど、同じレベルのモンスターは並びやすいので効果自体も使いやすく、シーランサーで再び装備してあげて墓地に戻すことが出来たなら、再度効果を起動することも。
ただし日本未発売カードなので、フリーなどで相手の許可は取るのがマナーです。

もちろん、シーランサーだけでは対象を除外出来ないため、除外サポートも必要。
一度に3体ものモンスターを除外出来るアトモスフィア、除外+リリース要員としてアクエリア、そしてAbyssmander。

また、シーランサーは獣戦士族でもあるため、幻獣の角や炎舞ー 「天枢」による恩恵も受けられます。
(ちなみにグリズリーマザーも獣戦士族のため、エクシーズ召喚やシンクロ召喚のサポートにも)

ダイヤウルフの対象に指定し、代わりにアビスリンデやサーキュレーターを破壊…なんて芸当も。

低攻撃力で装備効果が起動効果なので、グリズリーマザーからの特殊召喚も有効です。

しかしこのデッキ、アフターケアがしっかりと組まれたデッキなのではありますが、打点は低めです。
余裕があればメガロアビスやリードアビスを入れてもいいのかも。
もしくはグングニール、ダイヤウルフなどによる除去を。

ちなみにこのデッキ、原型にはなんとカブトロンまで入っていました。
ギミック詰めすぎて酷い内容でした。やはり詰め過ぎは難しい。
スポンサーサイト
2013.01.17 / Top↑
個人的には罠多めになったなあ、と。

40枚
[モンスター] 20枚
竜脚獣ブラキオン2
守護者スフィンクス1
スパイダー・スパイダー3
砂塵の騎士2
クリッター1
XX-セイバー フラムナイト3
XX-セイバー エマーズブレイド3
共鳴虫2
マジック・ストライカー2
X-セイバー パシウル1

[魔法] 11枚
大嵐1
死者蘇生1
増援1
おろかな埋葬1
抹殺の使徒2
月の書1
エネミー・コントローラー2
収縮2

[罠] 9枚
激流葬2
アヌビスの呪い3
地霊術ー「鉄」2
ガトムズの緊急指令2

[必須エクストラ]
A・O・J フィールド・マーシャル
レッド・デーモンズ・ドラゴン
XX-セイバー ヒュンレイ
ナチュル・パルキオン
ナチュル・ビースト
ラヴァルバル・チェイン
交響魔人マエストローク
銀嶺の巨神2

発動条件が同じフラムナイトとスパイダー・スパイダーを組み合わせたデッキです。同様の発動条件を持つ銀嶺の巨神を採用し、表示形式コントロール型のデッキになりました。

ギミックの説明です。
主軸は今上げた三体で、それぞれ蘇生対象は異なります。

フラムナイト:フラムナイト、エマーズブレイド、パシウル

スパイダー・スパイダー:スパイダー・スパイダー、エマーズブレイド、共鳴虫

銀嶺の巨神:このデッキでは主に竜脚獣ブラキオン、守護者スフィンクス、ナチュルシンクロ体

但しこれらのモンスターは皆攻撃力が低く、それをカバーするために月の書やエネミーコントローラー、アヌビスの呪いなどを採用しました。
特にアヌビスの呪いは強力で、相手ターンに発動すれば上記3体だけでなく、フィールドマーシャルやレッドデーモンズドラゴンとも良相性。
また、守備力が0ということを利用し、ナチュル・フライトフライや阿修羅なんかを採用しても面白いかもしれません。

スパイダー・スパイダーと同条件で且つ属性が同じモンスターにはカラクリ忍者九壱九もいるのですが、共鳴虫からスパイダー・スパイダーとエマーズブレイドの両方をリクルート出来ることを一番の理由にこちらを採用。

また、スパイダー・スパイダーでエマーズブレイドをサルベージ出来ればガトムズの緊急指令の発動条件も満たせるため、お互いの相性もいいです(レベルが合わないのが残念ですが…)。

銀嶺の巨神はフラムナイト+エマーズブレイドの他、マジック・ストライカーも採用しているので展開自体は難しくないと思います。

蘇生候補にはレイジアース、極神皇トール、鉄巨人アイアンハンマーなどの候補もあったのですが、結果的に竜脚獣ブラキオンと守護者スフィンクスをメインにすることで落ち着きました。
お互いがサイクルリバースなので、特殊召喚→裏守備の状態が可能で、生き残れたなら次のターンで効果を発動できます。

竜脚獣ブラキオンの場合、守備力がかなり高い上、アステカの石像と同じ効果を持つため単純に壁として機能する他、反転召喚時のセット効果でフラムナイト、スパイダー・スパイダー、銀嶺の巨神のサポートになります。
収縮も採用しているので、戦闘面では頼りになる壁になるはずです。

守護者スフィンクスは、表示形式変更系の妨害で制御したあと、まとめてバウンスする除去要員のために採用しました。
ブラキオンなどがいる場合、相手が動けないことも珍しくなく、停滞した相手フィールドの突破口の役割もしてくれます。

いずれもあまり手札には来て欲しくないので、砂塵の騎士、おろかな埋葬、ラヴァルバル・チェインで墓地に落とすことが望ましいです。

新年最初のデッキ紹介になりました。
2012年は上半期だけで20近くデッキ考えてたのか…(未紹介レシピ含め)
なかなか上手く説明出来ない部分も多いですが、本年も「くぼしょこ。」をよろしくお願いします。
2013.01.12 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。