遊戯王のデッキレシピ紹介ブログ。基本的にコンボ重視のレシピのため、大会レベルのレシピなどは記載しませぬゆえ、ごちゅーいを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
海外新規カードを含んだデッキを紹介。日本語名は判明しているため日本語名記載にします。

40枚
[モンスター] 22枚
エヴォルダー・ダルフィノス2
デブリ・ドラゴン2
マンジュ・ゴッド2
エヴォルダー・ウルカノドン3
エヴォルダー・ディプロドクス1
ジャンク・シンクロン3
クリッター1
エヴォルド・ラゴスクス2
エヴォルド・ナハシュ3
サクリファイス3

[魔法]  16枚
大嵐1
死者蘇生1
おろかな埋葬1
増援1
多様進化2
強制進化2
ミニマム・ガッツ2
儀式の準備2
エネミー・コントローラー2
イリュージョンの儀式2

[罠] 2枚
毒蛇の供物

[必須エクストラ]
エヴォルカイザー・ラギア
ラヴァルバル・チェイン
☆8シンクロモンスター
☆6ドラゴン属シンクロモンスター
☆5シンクロモンスター
★5エクシーズモンスター
★4エクシーズモンスター

魔界発現世行きデスガイド、ゼンマイシャーク、エヴォルカイザー・ドルカ、輪廻天狗など優秀なカードを数多く収録したエクストラパックVolume.5が近いうち発売すると思います。今回はその中に収録されている新規カード、《エヴォルド・ナハシャ》に注目しました。

《エヴォルド・ナハシュ/Evoltile Najasho》 †
効果モンスター
星2/炎属性/爬虫類族/攻 100/守2000
フィールド上のこのカードがリリースされた場合、
デッキから「エヴォルダー」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
(遊戯王カードwikiより転載)

ギミックの紹介です。
ナハシュの効果自体は聖刻龍のエヴォルダー版のようなものと言えます。しかしこちらの利点としては一列として以下が挙げられます。

・「エヴォルド」と名の付いたモンスター効果による特殊召喚により発動するエヴォルダーの効果発動への補助
・低攻撃力によるサーチのし易さ
・攻撃力500以下、レベル2

ただし手札でリリースされたら効果を発動出来なかったり、トフェニドラゴンのように特殊召喚効果が無い部分はデメリットにはなります。

コンセプトとしては、ナハシュをリリースしエヴォルダーを展開する、まあ当たり前の動きをしてみたいもの。
ナハシュのサポートになるカードは以下の通り。

・イリュージョンの儀式
→サクリファイスを儀式紹介出来ます。この場合、基本的にはウルカノドンを特殊召喚し効果を発動させて☆4エヴォルダーを釣り上げられればエヴォルカイザー・ラギアを展開出来ます。
・エネミーコントローラー
→相手の場依存になってしまいますが、狙いは相手の☆3~☆7のモンスター。ナハシュの効果によってダルフィノスをリクルートすれば、ダルフィノスの効果で自身もしくはコントロール奪取したモンスターのレベルを操作し、★5~★7のモンスターをエクシーズ召喚出来ます。また、奪取したモンスターがチューナーなら、シンクロ召喚も。
・ミニマム・ガッツ
→トフェニドラゴンなどと異なり後続に出てくるモンスターの攻撃力は基本0とならないため、かなりのダメージが期待出来ます。マシュ=マックを上手く出せれば、そのままゲームエンドまでってことも。
・強制進化
→【エヴォル】においては重要なカードの1枚で、採用しない理由はありません。

ナハシュは自身で特殊召喚出来ないため、ジャンク・シンクロンとデブリ・ドラゴンを採用しサルベージする形になりました。
前者ならばダルフィノスとランク5かレベル8のシンクロモンスター展開の他、後者ならばミニマム・ガッツを使用しウルカノドンをリクルート、ウルカノドンの効果でもう一体レベル4エヴォルダーを呼び海鮫龍シャーク・ドレイクを呼び込み大ダメージ、なんてことも。

基本ギミックはこんな感じで、やはりサクリファイスが強力(このデッキにおいてはラギアとサクリファイスがよく並び制圧力もなかなかのものに)であるため、以下にサクリファイス系統のカードをサルベージするか、ナハシュを墓地に送りジャンクシンクロンやデブリドラゴンを早く引き当てるかが勝負になると思います。
防御力はスキを見せるとかなり低くなるため、瞬間的に決めるのが理想系。
あと、サクリファイスと相性がいいため強制終了なんかはいいかもしれません。

余談ですが、ナハシュを対象に孵化を発動して赤蟻アスカトルをリクルートし、ダルフィノスを展開すれば太陽龍インティが呼べるんですね…かなり色々出来そうだなあ、ナハシュ。

ゼンマイシャークはスーパーで構わないからお前はノーマルになってくれー(笑)
スポンサーサイト
2012.09.30 / Top↑
今日は友人の天然カエルが考えたデッキを紹介。彼も納得したらしいので。

40枚
[モンスター] 24枚
ダーク・アームド・ドラゴン1
トゥーン・ブラックマジシャン・ガール2
トゥーン・デーモン2
終末の騎士2
ジャンク・シンクロン3
マジック・ストライカー1
クリッター1
BFー疾風のゲイル1
BFー月影のカルート2
リチュア・ディバイナー3
深海のディーヴァ3
BFー大旆のヴァーユ3

[魔法]  12枚
大嵐1
死者蘇生1
ブラックホール1
おろかな埋葬1
増援1
闇の誘惑1
トゥーンのもくじ3
トゥーン・ワールド3

[罠] 4枚
激流葬2
ゴッドバード・アタック2

[必須エクストラ]
BFーアーマード・ウイング
BFーアームズ・ウイング2
BFー煌星のグラム2
アーカナイト・マジシャン
セイクリッド・トレミスM7
☆8 シンクロモンスター
☆6 シンクロモンスター
☆5 シンクロモンスター
★3 エクシーズモンスター

デッキレシピの細かいところはうろ覚えなのだけど、確かこんな感じです。トゥーンの特殊召喚効果を活かしたいなー、と彼が悩んだ末完成したデッキ。

ギミックの紹介です。
トゥーンモンスターは、トゥーンワールドさえあれば通常召喚権を使わずとも展開が出来る。このデッキはそこをメインに発展させたものです。
エクストラデッキが今回多めに取りましたが、その中でも核となるのが複数枚採用をしたアームズウイングと煌星のグラム。感の良い方は、それだけでお分かりになるのではないでしょうか。

まずは、煌星のグラムを展開するパターンを用意します。
このデッキでは深海のディーヴァを使用しています(☆3モンスターとしてディバイナーを採用していますが、ここに採用さる☆3海竜族はお好みでかまいません)。これで真っ先にグラムを作れという話です。
シンクロ召喚したグラムは、そのままリリースしてトゥーンモンスターを展開してしまいます。その後、墓地のヴァーユと共に除外しアームズウイングを作れば、★6モンスターを出せるわけです。ちなみにトゥーンブラックマジシャンガールを特殊召喚したのならエクシーズ召喚前の連撃も可能。

ではジャンクシンクロンは何に使うのか?
ジャンクシンクロンを使用した展開方法は以下の通り。
1. ディーヴァをサルベージ
サルベージ後、ジャンクシンクロンを☆6のトゥーンモンスターを特殊召喚し、☆8のシンクロモンスターをシンクロ召喚。
2. ヴァーユをサルベージ
サルベージ後、同様にトゥーンモンスターを展開します。ヴァーユのシンクロ召喚に対する制約は永続効果のため、この方法で特殊召喚したのならアーマードウイングや、トゥーンブラックマジシャンガールを特殊召喚していたのならアーカナイト・マジシャンもシンクロ召喚が出来ます。

ちなみに、デッキには入っていませんがジャンクシンクロンの効果で釣り上げるモンスターを☆2の闇属性チューナーにすればトゥーンデーモンとワンハンドレットアイ・ドラゴンが出せたり、ジャンクシンクロンをバウンスしてA・ジェネクス バードマンを出し、トゥーンモンスターを展開すればレアルジェネクス・クロキシアンも立てられたりするので、デッキ的には小回りが効きそうな感じ。

ざっと話すとこんな感じでしょうか。他に疑問点などあればコメント欄までどーぞー。

ちなみにこいつとデュエルしていたときに、グラムが出るたび
(>ω・)ゞ☆綺羅星!
と叫び続けていたら「うぜぇいい加減黙れ」と怒られてしまいました。
ぴったりだと思うんだけどなあ…
2012.09.21 / Top↑
バテルSS(ボソッ

40枚
[モンスター] 21枚
光帝クライス2
召喚僧サモンプリースト2
ジェネクス・ブラスト2
BFー精鋭のゼピュロス1
A・ジェネクス バードマン3
A・ジェネクス・チェンジャー1
魔導書士バテル2
召喚師セームベル3
見習い魔術師2
レアル・ジェネクス・コーディネーター1
鬼ガエル2

[魔法]  17枚
大嵐1
死者蘇生1
おろかな埋葬1
グリモの魔導書3
ネクロの魔導書3
トーラの魔導書1
霞の谷の神風3
テラ・フォーミング2
ワンダー・ワンド2

[罠] 2枚
リビングデッドの呼び声2

[必須エクストラ]
パワー・ツール・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
★6 エクシーズモンスター
★4 エクシーズモンスター
★2 エクシーズモンスター

今回は完全にギミック紹介型にしました。そのため、防御カードらしい防御カードがほとんどと言って良いほど入ってません(笑)
ちょっと詰め込みすぎたかなあ…使ってみたいなー、って方は自分好みに配分を調整してみてください。

ギミックの説明です。
これは【フォーチュン魔導書】を組んでいた頃、妙にそのデッキの使用人口が増えてしまったために新しく考え出したデッキです。
基本となるカードは、セームベルとネクロの魔導書。蘇生とレベル変動を調節しながら戦っていきます。

セームベルを単体で使うなら、別のセームベルを特殊召喚したり、鬼ガエルを出してセームベルをバウンスし、神風の効果で新しく展開したり、レアル・ジェネクス・コーディネーターの効果で更に展開してみてください。
※魔導書士バテルは特殊召喚時に効果を発動しません。

ネクロの魔導書を使った場合。
☆2のモンスターを除外してセームベルのレベルを4にすれば、ジェネクスブラストを出してサーチ効果を起動したり、サモンプリーストから更に魔法使いを呼べばアルケミックマジシャンを出すことも可能です。

☆4を除外した場合はクライスを特殊召喚出来ます。ネクロの魔導書は破壊されても対象モンスターは破壊されないため、確実に1枚はドロー+★6をエクシーズ召喚できるために入れました。これを闇帝ディルグにすれば、マジマジ☆マジシャンギャルを出すことも出来ます。

あとのギミックは一般的な【神風】と同じだと思います。
サモンプリースト→ブラスト→ブラストバウンスしバードマン→セームベル特殊召喚→(☆2特殊召喚→)サモンプリーストとバードマンでPTD、装備魔法サーチ(ワンダーワンドなら、セームベルをコストに2枚ドロー)→(セームベルの効果で特殊召喚したならば)★2エクシーズなどでしょうか。
セームベルの効果で特殊召喚するモンスターを☆2のチューナーモンスターにすればアームズ・エイドを作れ、PTDに破壊耐性を付与出来ます。

と、色々書き綴りましたが書いた以上の動きも出来るのでギミックとしては悪くないと思います。ワンダーワンドをD・D・Rにして、ネクロの魔導書で除外した魔法使いを帰還させるのも面白いかと。
ただ、デッキとしては事故ることもあるので注意。

しかし連続で神風を使ったデッキを書くとは… あ、バテル2枚は予算の都合です。
こっちのが前に考えたんだけどね。
ちなみにデッキ名のGXは、ジェネクスの略でしたとさ。
2012.09.14 / Top↑
あれ…俺【炎星】考えてたんだよな…?

[モンスター] 23枚
輪廻天狗2
召喚僧サモンプリースト2
ジェネクス・ブラスト2
錬金生物ホムンクルス2
BF-精鋭のゼピュロス1
ローンファイア・ブロッサム1
ダンディライオン1
ジュラック・デイノ2
A・ジェネクス バードマン3
エア・サーキュレーター2
音響戦士ドラムス2
スポーア1
コピー・プラント2

[魔法] 12枚
大嵐1
死者蘇生1
貪欲な壺1 
テラ・フォーミング2
霞の谷の神風3
禁じられた聖槍2
サイクロン2

[罠] 5枚
強制脱出装置3
リビングデッドの呼び声2

[必須エクストラ]
アーカナイト・マジシャン
炎星侯ーホウシン2
氷結界の虎王ドゥローレン
ナチュル・パルキオン
No.17 リバイス・ドラゴン
虚空海竜リヴァイエール

どうしてこうなった。
知らん、他を当たってくれ。
うッ、ホウシンでロンファを持ってくるのまでは…!

ギミックの説明です。
まず疑問に思われる点があるとおもいます。
炎チューナーいねえじゃん!どうやってホウシン出すんだよ!と。
というか、よく動画でチョウレン+ワンショットキャノンを出すギミックを見かけたので、なんか違う出し方できないかなー、と思っていた訳です。
結果、辿り着いたのが音響戦士ドラムス。自身の属性変更効果により、彼にはホウシンになってもらいます。

以下、使用例。
あんまり良くは無いのですが、サモンプリーストが起点になっている気がします。

サモンプリーストでジェネクスブラストSS→バードマンサーチ、神風発動→ブラストバウンスバードマン、神風効果でドラムスSS。ドラムスを炎属にしてサモンプリーストとシンクロ召喚、ホウシン。ここでローンファイア・ブロッサムをリクルートすればダンディライオンを呼び、バードマンとエクシーズ召喚出来ます。
もう一つはジュラック・デイノを選択しました。バードマンは自身の効果で攻撃力が1900になっているので下級アタッカーとしては申し分無く、デイノ自身も戦闘破壊が出来れば2枚ドローに変換可能です。
ジェネクスブラストではなく、輪廻天狗を呼んであげれば輪廻天狗バウンスバードマン→輪廻天狗SSとお前は何を言ってるんだ状態になります(笑)
そのため、種はなるべくデッキに抑えたいのでエア・サーキュレーターも採用しました。これも風属性だし。
錬金生物ホムンクルスは知る人ぞ知るって感じですが、ドラムス(地属性)+ホムンクルス(地属性)でパルキオン、水属性に変えたらドゥローレンが出ますし、後者はこのデッキと良相性です。

とは言えど、デッキ自体は広く知られている【神風】ですので、捻りとかはあまり無いかもしれないです。
神風で可能性を広めただけなので、神風使えばこんな事もできるよー、ってのを伝えたいだけかもしれない(笑)

聖槍はそこそこの値段になるので、エネミーコントローラーや収縮にしても良いです。
ホウシン買っとけばよかったなあ…失敗した。
2012.09.12 / Top↑
こんなデッキ名しか浮かばなかったぼくをゆるしてください。

40枚
[モンスター] 21枚
混沌球体3
ターレット・ウォリアー3
真六武衆ーカゲキ3
真六武衆ーシナイ3
真六武衆ーミズホ3
六武衆の影武者2
A・ジェネクス バードマン3
クリッター1

[魔法]  11枚
大嵐1
死者蘇生1
増援1
紫炎の狼煙2
六武衆の結束3
星に願いを3

[罠] 8枚
激流葬2
諸刃の活人剣術3
リビングデッドの呼び声3

[必須エクストラ]
真六武衆ーシエン
氷結界の虎王 ドゥローレン
☆8 シンクロモンスター
☆6 シンクロモンスター
★5 エクシーズモンスター
★3 エクシーズモンスター

六武衆はイラストアドが個人的にすげーんだけども、普通に組んだら門結束カゲキ影武者~でつまんないので、俺流に組んでみました。
割と使われてない割には強いと思う、シナイミズホの夫婦デッキ。

ギミックの紹介です。
基本はシナイとミズホの特殊召喚効果を活かしながら戦います。
特に核になるのは、旦那のシナイ。
聖刻のように、リリースされた場合のサルベージ効果を持つので、アドバンス召喚や除去の起点として重宝します。

以下、ギミック例。
リビングデッドの呼び声や諸刃の活人剣術を使い、シナイ&ミズホを展開してからアドバンス召喚に入ります。
例えば、この状態でシナイをリリースし混沌球体をアドバンス召喚、シナイの効果で影武者をサルベージし、混沌球体の効果でカゲキをサーチすれば、次のターンはシエンに繋がります。
また、蘇生カードがあれば、バードマンをサーチしシナイを蘇生、シナイorミズホをバウンスしてバードマンを特殊召喚→バウンスした方を特殊召喚すれば、ノーコスでバードマンを展開可能。シナイとシンクロ召喚しドゥローレンを出せば、場に余ったリビデなどを回収出来ます。
また、ミズホと混沌球体の攻撃力が共に1600なのを利用し、星に願いをを使えば、ランク5のエクシーズモンスターも展開出来ます。星に願いをは他にも守備力2000のターレット・ウォリアーとカゲキにも対応し、なかなか面白い動きをしてくれます。
単純にシナイをリリースしミズホで除去してもいいですし。
ただし、シナイの効果で同名カードはサルベージできないため、あらかじめ準備が必要なところが難点。

本当なら結束も控えたかったのだが、流石に無理だった。手札消費が激しすぎる…
キザン師範が入っていないため、単体の攻撃力は確かに劣りますが、普段の六武衆には見られない展開が出来るのではないでしょうか。

シナイとミズホってどっちのが上なのかな…?
北条政子が性格キツそうなイメージがあるので、シナイを尻にひいてそう(笑)
2012.09.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。